悩む人が多い目元のたるみのケア方法について

美容外科クリニック

自分で出来る解消法

目をつぶる女性

たるには、年齢とともに体のあらゆるところに出てきます。顔は特に、皮膚が体の中でも薄いので、たるみが目立ちやすくなります。目元にたるみが出てくると、暗い印象や老けた印象を与えてしまいます。そうならないためにも、自分でマッサージを日頃から行いましょう。目の周りには、多くのツボがあります。目元のたるみに効果的なのは、目尻のツボです。「どうしりょう」といって、肌荒れや目尻の小じわにも効果的なツボです。目元は顔の中でも特に皮膚が薄いため、優しく押しましょう。仕事の合間や休憩時間、寝る前などすきま時間を使って行いましょう。

目の疲れや疲労、肥満などでたるみが起こってしまいます。ツボ押し以外では、マッサージが効果的です。目元には、リンパを良くしてくれるツボがあります。押しながら優しくマッサージを行いましょう。内側から外側へ、リンパを流すようなイメージで行います。2往復ほどすると、むくみが解消されます。むくみが解消されることで、たるみからも遠ざかっていきます。

目元のたるみには、ツボ押しやマッサージを行なうのが効果的ですが、目を動かすこともひとつの解決方法です。目を動かして目元の筋肉を動かせば、エクササイズになり、たるみへの効果が期待できます。あまり普段意識して動かさないからこそ、意識してまぶたを動かしたり目を動かしたりしましょう。毎日少しずつでも行なうことで、目元の印象も変わってくるでしょう。エステサロンや美容外科に頼らず、お金もかけずに行なうことが出来るので経済的です。

目元のたるみを取るためにクリニックに行かれる方も多いですが、きちんとある程度知識を持って行く事が大切です。たるみの治療方法は様々な方法があり、また治療をしたからといって、その効果が一生続く訳ではありません。半年?半永久的と持続期間は様々です。簡単にいうと、効果が長く続くものには、ハムラ法・脱脂術・金の糸・レーザー治療などがあります。その中でも半永久的に続く治療方法は、ハムラ法や脱脂術になります。目元の膨らみを取ったり、脂肪を移動させたりする方法なので、効果は半永久的だといわれています。しかし、外科的美容方法なので、それだけ金額もかかります。短期間から試したい、手術に踏み切れない人には注射での治療方法もあります。しかし、持続効果は低く、また継続して行う事でやはりそれなりに金額はかかってしまうので、自分に合う方法・金額・治療後の事など、しっかり知識を持ち、検討する事が大切です。